Lady style

【Forties】小林 由佳のLife Style

スポンサーリンク

女性として、社会人として強い魅力と輝きを併せ持つ40代。

妻や母としての顔も持ちながら、彼女たちはどのように生きているのか。

ひとりの人間としての責任やプレッシャーを背負う世代でもある40代女性たちの「働き方」と「生き方」をリアルに紹介するコンテンツ。


家庭を築いてお母さんになることが夢だったのに、人を笑顔にする「仕事のプロ」になったきっかけは「コーチング」との出会いだった。

ワーキングマザーの苦悩を抱えながら辿り着いた、コーチングとキャリアデザインで「様々な自分」を生きる彼女のLife Style。

小林 由佳のLife Style


▶小林 由佳

1979年9月3日生まれ、大阪在住
〇男、女、女の3児の母
〇MCS認定シニアマザーズティーチャー/TCS認定シニアコーチ

■昔の夢は「専業主婦でお母さん」。現在は「バリキャリお母さん」

結婚して子どもを産んで、素敵なお母さんになることが夢だった小林由佳さん。現在彼女は3人の子を子育てしながらバリバリ働くワーキングマザー。

専業主婦の母親に育てらた経験から自身も同じような家庭を築きたいと思っていた彼女が、ライフスタイルのシフトチェンジをしたのはあるコーチとの出会いがきっかけだった。

TCS認定コーチであり、MCS認定シニアマザーズティーチャーとして活躍する。


まね子

自身のキャリア形成と子育ての両立を楽しんでいる小林由佳さん。ワーキングマザーの壁にぶつかったからこそ、「子育て」と「自分育て」を見つめ直すようになりました

■驚くほど自分の思考を変えた、ある出会い

大学は出たものの、働く女性のイメージが持てないまま流されるように就活をしていた由佳さん。しかし時代は就職氷河期真っただ中。

うまくいくはずもなくどうしたらいいのかと悩んでいたところである出会いを果たします。彼女の人生を大きく変えるコーチとコーチングとの出会いでした。


まね子

就活に悩んでいるなかで出会った、とある女性コーチに心を動かされた由佳さん。女性が働くことが当たり前になった時代だからこそ、彼女が伝えたい「女性の生き方」を語っていただきました

メール▶由佳さんにコンタクトをとってみる!
HP:こばやしゆかのマザーズコーチングスクール
Mail:m.coaching.yuka@gmail.com

「働く」ことに興味が持てなかった考えが一転した、とある女性との出会い

明るく笑顔がとてもチャーミングな小林由佳さん。「よろしくお願いします!」と素敵な笑顔を向けてくださいました。

専業主婦志望で働くことに興味が湧かなかったとはとても思えないほど、ハツラツと今を楽しんでいる雰囲気が溢れています。

どんな出会いがきっかけで「いまの最高な自分」に辿り着いたのか、お話を伺いました。



まね子

現在の由佳さんからはとても専業主婦希望だったとは思えないぐらい、働くことに楽しさとやりがいを感じられているように思います!


由佳さん

そうですね~!(笑)私も当時の自分がこんな風になるとは思ってもみませんでした。母が専業主婦だったので、何となく自分もそう在りたいと思っていたし「お母さんになること」が夢でもあったので。働く女性のイメージを持てなかったというのも大きいですね


まね子

大学卒業前に、就活はされたんですよね


由佳さん

はい、せっかく大学は出るんだから一度は働いてみたいなと。3年ぐらいがむしゃらに働いて、その後結婚してお母さんになって……そんな風に自分の未来を想像していました


まね子

当時は就職氷河期で、ただでさえ新卒の就職が厳しいときだったとか


由佳さん

そうですね、ほとんどの大手企業が新卒採用をストップしていたり、ベンチャー企業の採用が多かったように思います。国立大学にはお声がかかるけど、私立には来ない…とか(笑)。


由佳さん

エントリーシートもいっぱい書いては落ちて、面接行っては落ちて……今まで努力したり頑張ることで突破してきたことはたくさんあったけど、「ご縁」に巡り合うってどうにもならない事ってあるんだな~と初めて感じたかもしれません。


まね子

由佳さんが出会った「コーチ」とはどのような女性だったんですか?


由佳さん

働いている人は疲れている、、と勝手に思い込んでいて、就職する怖ささえも感じていた時期に出会ったその方は、お子さんも育てながらバリバリ仕事をされていて。母がずっと家にいた私には、イメージさえも描けないような働き方をしていました。


由佳さん

だから、もっと知りたい!話してみたい!と思ったんです。 忙しく飛び回っているのに、毎日が本当に楽しそうで。仕事の話なのに、自分の生き方の話をされているようでした。


由佳さん

そのコーチからはエネルギーが溢れていました。話はもちろん、体中から伝わってくる「働く」ということがとても魅力的に感じました。そこで初めて、「あぁ、働くっておもしろいのかも」と興味を持ったんです


まね子

その女性コーチとの出会いで、働くことに初めて興味を持たれたのですね!


由佳さん

はい!そこからは自分がやりたいことは何か?と考えて誰かの元気や笑顔のきっかけいになるような仕事がしたい!と化粧品会社に就職しました。営業で朝から晩までがむしゃらに働く日々でした^^

仕事と家庭の両立が難しい……!壁にぶつかったことで辿り着いた、ある視点

働くことに興味を持ち、人のためになる仕事がしたいと意気込んで仕事に邁進するも、30代で結婚と出産を経験した由佳さん。その時にとある壁にぶつかりました。

しかし、悩みぬいた末に彼女が気づいた「ある視点」が自身の人生を大きく支えてくれることになったのです。

ワーキングマザーとして働く彼女が、同じ悩みを持つ母親たちの「コーチ」になったいきさつをお聞きしました。



由佳さん

転職も経験し、その後は派遣や契約社員など、様々な働き方を経験したんです。その後、今の会社に声をかけていただき、正社員として働きます


まね子

働くということを全力で体感してこられたんですね。現在の会社に入ってから結婚などのライフイベントが発生したのでしょうか


由佳さん

そうです!この頃はもう、働くことが楽しくて。30代は任されることも増えてきて、仕事がかなりおもしろくて!時間も忘れて熱中しました^^ そんな折、ご縁もあって結婚、妊娠、出産を経験していきます


まね子

兼ねてからの夢が叶う時期がやってきたんですね♪そのまま専業主婦になる選択肢を選ばなかったのはなぜですか?


由佳さん

働く事が楽しくてしょうがなかった時だったので、あんなに熱望していた妊娠も「この先どうなるんだろう」と不安に感じてしまったり。本当に不思議な感覚でした。


由佳さん

取り残されてしまうような気持ちだったのかな。「辞める」という選択は不思議と自分の中にも浮かんでさえ来ず、ありがたいことに夫も職場も「復帰」ありきで話を聞いてくれたことがありがたかったですね


由佳さん

出産したらまた元のように働けるとどこかで思っていました。でも、実際は……大違い。とにかく保育園に入れるのにまず苦労しました。保育園って誰でも彼でもすんなり入所できるものではないんだな、と痛感したり


まね子

いわゆる「保活」ですね。少し前に「日本死ね」でも話題になりました。仕事をしたいのに子どもの預け先がなく、泣く泣くキャリアを諦めたり生活が苦しい母親もたくさんいるのが現状です


由佳さん

本当にそうです。その後なんとか保育園に入れたはいいものの、小さい我が子は何かといっては熱出し、仕事を休む日々。夫は子どもが産まれる前と変わらず多忙でワンオペ育児の日々でした


由佳さん

いお母さんでなくてはならない、いい奥さんでなければならない、仕事も迷惑をかけずに進めなくてはならない……自分の中にある理想像と「ねばならない」に苦しみながら ワーキングマザーであることへの罪悪感との闘いが始まりました


まね子

ワーキングマザーの誰もが通る道ですね。こと日本では、まだまだ女性が子どもを産み育てながらキャリア形成を行うことのバランスが取れていないと感じます


由佳さん

何とか歯を食いしばって目まぐるしい日々を送ってきたのですが、小学生になった長男との関係にも悩んでいました。ちょうどその頃、自分のキャリアについても向き合うことになったんです。その時に辿り着いたのが「コーチング」でした


まね子

就活中に出会ったコーチを彷彿させますね


由佳さん

そうなんです!コーチングに辿り着くとある視点に気づけるようになり、そこから自分の生き方も変わっていきました

全て自分が経験してきたからこそ、世の働く母親たちにコーチングを伝えたい

自身がワーキングマザーであることに対し、悩み、葛藤してコーチングに辿り着いた由佳さん。

学んでいくうちに自分と夫、自分と職場などの関係性が変わっていくことを実感されたそうです。

コーチングに出会った彼女が世の中のワーキングマザーに伝えたい事、そして今後の彼女自身の夢や展望を語ってくださいました。



由佳さん

何か今の私の状況を変えられたら、子どもとの関係を少しでも良く出来たら……と扉を開けたコーチングでしたが、学ぶにつれて自分を取り巻く人間関係が確実に変化していきました。あんなに悩んでいた子育ても「子どもが原因ではなく、すべては私次第だ」と気付けたことが大きかったです


まね子

具体的にはどのような変化がありましたか?


由佳さん

一番変化があったのは実は夫との関係ですね。「育児に参加してくれない!」「家事は私だけのものなの?」と不満をあからさまに出して、夫自身に気付いてほしいと思っていた自分がいました(笑)。コーチングを知ると、参加してほしいと言いながらも子どもを預けることを本当は躊躇したり、自分のやり方を優先したりで、夫が参加したくてもできるような環境や空気を作っていない自分に気づきました。


由佳さん

そして素直に「手伝ってほしい」「美容院に行きたいから子どもを少しの間見てもらえたらうれしい」などを伝えずに、「気づいてほしい」という思いが強かったことにも気づきました。私がしてほしい事と夫のしたいことは違うんだと、別々の人間だから違って当たり前のことなのにそれを認めてなかったんです。


まね子

なるほど!聞いていれば当たり前のことではありますが、いっぱいいっぱいになっていると「自分ばかり」と言うことに目が生きがちで見落としてしまう部分ですね


由佳さん

そうなんです!だからそこを認めれば「なんでわかってくれないの?」という不満が格段に減ったんです。そうしたら自然と夫への接し方も、私の在り方も変わったようです。


由佳さん

素直に助けてほしいと伝えること、やってもらえてうれしく感じたこと、悲しかったことを伝えるようにコミュニケーションを変えることで、あんなに家事も育児も無関心に見えた夫が、今や私を気遣って洗濯してくれたり、お米を炊いてくれていたり、子どもを連れて遊びに行ったり、自然にやってくれることがとても増えました^^


まね子

素晴らしい~♪ 世の中のワーキングマザーの多くが望む関係性ですね


由佳さん

自分が働くことと育児で悩んだ経験があるから、いままさに悩んでいる女性の助けになりたいと思い「マザーズティーチャー」としてコーチングを伝えています。子育てにも効果てきめんなので、専業・兼業問わず沢山の主婦の方に伝えていきたいですね。


由佳さん

結婚、出産、子育て、そして仕事。女性にはいくつものターニングポイントがありますが、「今の自分だからこそのキャリアデザイン」を描くことは誰だってできるんです自分も、家族も犠牲にしない、ママになってからのキャリアデザインを一緒に描いていくお手伝いが出来れば嬉しいです


まね子

ありがとうございます!それでは最後に読者の方々にメッセージをお願いします


由佳さん

「自分らしく生きる」ってどんな姿なのか、何に心が動くのか、自分自身の好きなこと、力の湧くこと、しんどくなることや嫌なこと、知っているようで実は一番わかっていないかもしれません。自分を知る時間をぜひ取ってみてほしいです。


由佳さん

人と話してアウトプットして、本当にしっくりくる言葉を自分の為に大切にしてほしい。人の心地よさと自分の心地よさや、得手不得手ももちろん人とは違います。まずは自分を知って、そこから「自分らしく」を大切に軸にしてもらえたらと思います。それを見つけるお手伝いは任せてくださいね^^

由佳さんの座右の銘


💻:こばやしゆかのマザーズコーチングスクール
☎:090-7480-9485
✉:m.coaching.yuka@gmail.com

マザーズコーチングって?

家事に育児に仕事にスーパー多忙な日々。気づけばいっぱいいっぱいで「何もかもうまくいかない!」「思い通りにできない!」とツライ気持ちを抱えていませんか。

☑毎日怒ってばかりで疲れる。なぜ子どもはわかってくれないんだろう
☑また夫婦喧嘩をしてしまった。夫は私を理解してくれない
☑私だけがやることに追われているのに、夫や子どもは自分たちの好きな事ばっかりやっていて腹が立つ
☑仕事と家庭のバランスが取れなくてどちらにも迷惑をかけてしまっている
☑これから仕事に復帰したいけど、両立できるか不安

こんな思いを抱えながら必死に頑張りすぎているお母さんは少なくありません。でも、大丈夫。あなただけではありません。

そのやりきれない気持ちやモヤモヤはどこから来ているのでしょうか。どうすればよい方向へ改善していけるのでしょうか。

マザーズコーチングは、大切でいとおしい子どものコミュニケーション力ための、お母さんが学ぶコミュニケーション講座です。

子どもが将来豊かな人生を自分で切り開いていくのに欠かせないコミュニケーション能力。

それを伸ばしていくためにも、まずはお母さん自身が自分をよく知ることが重要です。

✨子どもがいるからという言い訳をしなくなり、やりたいことを優先できるようになりました
✨旦那さんの反対の目が気になって行動できなかったのが、気にならなくなりました
✨私なんて……と思っていたけど、一歩踏み出す勇気がでてきました
✨点と点がつながって、自分のやりたいこと、やるべきことも明確になりました
✨やるべきことが明確になったので、隙間時間も有効に使えるようになりました

マザーズコーチングを受けた女性の声からも、自分を再発見できることが分かります。

自分のやりたいことを明確にして、自分の気持ちを大切にして生きていく。マザーズコーチングは、そんなお母さんの在り方を目指しています。

お母さんで、妻で、社会人で……。

沢山の役割がある女性が「自分でよかった!」「家族も職場も、自分と自分に関わる人たちを笑顔にしたい」と思えるように優しくサポートさせていただきます。

もちろん、お母さんじゃなくてもOK!

あなたに合わせたコーチングがありますので、まずはお気軽に、いまのお悩みやご希望をお話下さいね。

コーチングの内容をちょっぴりご紹介♪



こばやしゆかのマザーズコーチングスクール
お問い合わせはコチラ♪
💻:ameblo.jp/ cobayuca-coach
☎:090-7480-9485
✉:m.coaching.yuka@gmail.com

スポンサーリンク

-Lady style
-, , ,

© 2021 マネトラガール Powered by AFFINGER5